カメラのお布団と座布団 ざくろ

ブログ

2011年11月09日(水)

モロッコからパリ1日目! [モロッコとパリ旅2011年]

画像(302x450)・拡大画像(430x640)

素敵な画材やさん

パリの朝は寒かった。

マラケシュからパリへ着いて、夜も遅かったので空港近くの予約してたホテルへ直行。
もう、ずいぶん疲れてて即寝だったので、気温がそんなに寒いとは夜は気づかず・・・

後から知ったけれど、パリに着いた日に急に冷え込んだらしい。確か、天気予報で9℃だったかなー。
モロッコが30℃以上だったから、すごい気温差。
それも楽しいもので、せっかく持ってきた長袖の活躍の場が来て嬉しい気持ちになりますよー。

さて、ホテルのチェックアウトを済ませるとパリ市内へ向けてレッツゴー!
お昼前には、予約していたアパートメントに到着してオーナーさんにご挨拶やお部屋の使い方を説明してもらって、パリに来て初めての食事に行くことへ。

アパートの近くにある、ラデュレと言うマカロンで有名なカワイイお店へ。
フレンチトーストや、クロワッサンやオムレツをオーダーして食べましたが、前日までのモロッコとの違いに何だかカルチャーショックな喜びにニヤニヤ。
どっちも好きだけど、パリにいるんだなーーって言う感じが日本を離れている感を強くさせたのは何でだろー?

とにかく、美味しいものを食べてパリの街歩きをしたかったので、みんなでシテ島へ。
ちょっと、寒さでお腹の調子が悪くなった私は、そこでみんなとお別れして一人待ち歩きをしました。

途中、雨が降ってきて雨宿りした画材やさんがとっても素敵でした。
カラフルな絵の具や重厚なノートブック。
お店のお兄さんも、とっても気さくで雨が止むまでどうぞ、って。
お買い物もして、ブラブラしてると、これまた素敵な調理器具専門店が見つかったので入りました。
本当に沢山のお菓子の型や調理器具が広いお店にいっぱい。
店員さんも、ノリノリでパリの店員さんってこんなに明るかったっけ?って楽しくなった。

それから、移動してプチパンって雑貨屋さんへ。
素敵なアジアンテイストの入った雑貨や布地があって、少しだけ布地を購入しました。
この布地も、きっとカメラのお布団に参加しますよー。
この店で友達と合流して、ブラブラとリボンやさんやパッサージュを歩いて歩いて、そして夕方には友達が働いているお菓子屋さん『Denise Acabo a l'Etoile d'Or (デニス・アカボー・ア・レトワール・ドール)』へ。

フランスを一周した気分になるぐらい、色んな地方のフランス菓子がこのお店に集められてて、贅沢なお買い物ができる、とっても珍しいお店。お菓子好きな日本人にはとても知られたお店なんだって!
内装も、アールデコの装飾で飾られお菓子のパッケージも本当に素敵!
ゆっくりお菓子の説明を聞きながらのお買い物。
オーナーの三つ編みおばさまも、とっても気さくで一緒に写真に写ってくれて素敵な素敵な女性でした。

そして、夜ご飯はパリの友人と一緒にビストロへ!
モロッコでの話や久々に会った友人との日本での話に花が咲いて、ビストロに入ったのはずっと早かったはずなのにお店を出るときは最後のお客さんに!
あっと言う間の楽しい夜でした。


画像(220x147)・拡大画像(640x430)

ブランチで本当に幸せな気分になりました。

画像(220x147)・拡大画像(640x430)

プチパンさんは、とってもかわいい。店員さんは皆日本人だった!

画像(220x147)・拡大画像(640x430)

友達がいるお菓子やさん。オススメ!!


2011年11月08日(火)

モロッコ7日目! [モロッコとパリ旅2011年]

画像(450x302)・拡大画像(640x430)

メルズーガから夜行長距離バスに乗り込んた私たち。

特に、どこで止まってトイレ休憩があるとかの案内が全くない為、トイレの事は考えないようにしてた私。

でも、意外とバス停留所みたいな所で止まってくれるので心配するほどでもなかったかなー。
けど、バスが人数確認もせずに行ってしまうと大変なので、バスチケットを売ってくれる人に、必ずトイレ行ってくる!って告げる心配性の私・・・ウフフン。

だけど、トドラ渓谷のどの辺りか・・・
ものすごく寒い停留所で、大賑わいの屋台村みたいなところがあって、みなさんそこでゆっくりご飯を食べてました。
知らないから、バスの中でボーーッと待ってたのが損した気分。
ただし、この時の所持金が驚くほどなかったので、ご飯も買えなかったかなー。

約13時間、バスに揺られて戻ったマラケシュの朝。

一番初めに声を掛けてきたタクシーのおじさんと交渉して、タクシーに乗り込むことに・・!と思ったら、タクシーじゃなかった!!
小型のトラックみたいなのに、ヨッコイショって乗らされて周りの車やバイクの人たちから丸見えの大爆笑。
排気ガス臭くて参ったけど、朝から面白すぎて、こんなサプライズタクシーに嬉しくなっちゃった。
日本じゃ経験できないもんね、感謝だわ!

そして、クタクタの汗だらけの身体を清めに?モロッコのスパ『ハマム』を体験してきました。

初めに、スチームルームへ案内されて、そこで皮膚の老廃物を浮かせてくれるらしいブラックソープ等を塗ってくれて、いい頃合に垢すりをしてくれます。
そりゃ、サハラ帰りの私の身体はスタッフの人も驚くぐらいの垢の塊が出てたはず。
普通の日本人ではありえない量だろうから、サハラ帰りですよって言い訳したくなったけど・・・
そして個室ではオルガンオイルで全身のマッサージ。
疲れで爆睡したので、エステティシャンに笑われた。

その後は、素敵な内装のお部屋で寛ぎながら、お菓子やミントティーや絞りたてオレンジジュースをいただきながらリラックス。
ヨーロッパの人たちが、休暇でモロッコへ来る理由がわかる気がするな。
ちょっとセレブ気分を味わった時間でした。

が!私達には時間がないー。
この日の夕方の飛行機でパリへ飛ぶため、お昼ご飯も食べずに残り3時間をお土産の買い物で費やしました。
何せ、一つ買うのにも交渉交渉なので、時間が足らないのよね。
素敵なモロッコ土産は、旅最後のブログでご紹介しますね。

House13のリヤドからタクシーに乗り込んで、マラケシュ空港へ。
マラケシュからパリへの飛行機旅。
パリに到着は夜の23時。
飛行機の中では、パリではあそこに行って、あれを食べて、あれを買って!って大騒ぎ。
どこに居ても、全力で楽しんでる感じだったこの旅行。
続きはパリ旅へ!

画像(220x147)・拡大画像(640x430)

生オレンジジュースの屋台はいっぱいあります。

画像(220x147)・拡大画像(640x430)

これなーーんだ?答え・・・爪楊枝。

画像(220x165)・拡大画像(640x480)

建設中の建物の作業中。素敵な彫刻中。


2011年11月07日(月)

モロッコ6日目! [モロッコとパリ旅2011年]

画像(450x302)・拡大画像(640x430)

お別れのお礼に贈ったラクダ暖簾w

嵐の夜明けは、空気が冷たくって気持ちも身体もシャキンとします。

アウトドアな朝ごはんを済ませて、慌しく出発。

昨晩、暗闇の中で作ったラクダの折り紙で作った暖簾?をプレゼントしてメルズーガのお家へ弾丸で戻ります。

前日、一滴の水もなかった場所が昨晩の嵐で川が出来てて驚いた!
一晩でこれなら、雨季になったらゴーゴー広い川になるのかしら??

雨降って地固まるとは砂漠も同じ、さらさらの砂が程よく固まり、歩きやすくなっていて、ラクダの背中でお尻が痛くなったから30分以上も自分の足で歩かせてもらいました。
が、途中でまた雨。
昨日、あれだけ暑かったのに、雨に降られて寒さで震えるぐらい。

お昼頃に到着して、町周辺の観光に連れてってもらいました。
フラミンゴの湖(乾期なのでカッラカラ)、火山跡を観にいったり、民族音楽で踊ったり、現地のお家や畑を見せてもらったり、絨毯やさんに行ったりと、大忙し。
楽しい事が盛りだくさん。

もっとゆっくり過ごしたかったけれど、帰りの長距離バスの時間が迫っていて、案内してくれたハサンさん達にサヨナラしました。

さぁ。
バスで10時間近く掛けてマラケシュの町へ帰ります!

画像(220x147)・拡大画像(640x430)

嵐に驚いて逃げないように、片足を紐で縛られています。

画像(220x147)・拡大画像(640x430)

一晩で川になったのだ。

画像(147x220)・拡大画像(430x640)

ファッションチェック!砂漠スタイルなのだ。

画像(220x147)・拡大画像(640x430)

ハサンさんの親戚のお家でクスクスランチ。やっぱり優しい味。

画像(220x147)・拡大画像(640x430)

民族音楽を聞かせてもらったよ。


画像(220x147)・拡大画像(640x430)

葉っぱを織って作ってくれたラクダ。上手い!!

画像(220x147)・拡大画像(640x430)

絨毯やさん。売り物の上でミントティーを入れてくれた。


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

2011年11月


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

検索

カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0
powered by a-blog
 

© 2007 カメラのお布団ざくろ