カメラのお布団と座布団 ざくろ

ブログ

2011年11月04日(金)

モロッコ3日目! [モロッコとパリ旅2011年]

画像(450x302)・拡大画像(640x430)

屋上にも、サボテンと一緒にネコちゃんが。

前日、疲れて横になった瞬間に寝てしまったのですが、朝日は見なくちゃ!
って事で、6時ごろに起きて、友達3人で私達だけの貸切屋上へ。

日の出と共に、街を見下ろして感動。
街が、赤い壁で統一されて、とっても美しい。
そして、あちこちから鳥の声やコーランが聞こえてきます。
まだ朝は涼しくて深呼吸をすると体のすみずみまでモロッコの綺麗な空気が入って、ワクワク。

元気な勢いのまま、朝ごはん前に散歩をすることに。
地図を睨みながら、スークと呼ばれる迷路のような細い商店街を歩いて、行きたいお店へ行く予行演習。
何せ、本当にお店や細い路地ばっかりですから。

散歩してると、あるおじさんに話しかけられました。
染色工場を見せてくれるんだとか。
恐々付いていくと、カラフルな羊毛が色別に干されてます。
ミントティーをご馳走するから、自分の店へおいでって誘ってくれたので、遊びに行きました。
おじさんの店は、ターバンなどの布地屋さん。

突然お店のターバンを、一人ずつ頭に巻いてくれてターバンの巻き方レッスンが始まりました。
私なんて、ふんどしまで巻いてもらって1時間ぐらいそこで過ごしましたが、ずっと笑いの絶えない時間でした。
もちろん、ミントティーもご馳走になって、名前や住所の交換をしてさよならしました。

その帰り道でも、スパイス屋さんでアイメークレッスンをしてもらったり・・・楽しすぎるよ、モロッコ。

モロッコに来て、人の温かさや真直ぐな人々に常に囲まれている感覚が気持ちよい。
恐いと思う人も居るけれど、本当に素敵な熱い人が多いんだなって、そこがモロッコの魅力の一つ。

リヤドへ戻る間も、オープン前から熱心に皆さん掃除をされててスークもとっても清潔。

リヤドでは朝食の準備がされ、生オレンジジュースや焼きたてのパンやチーズ、手づくりジャム、モロカンオムレツなどお腹一杯に食べて、エネルギー満タン!
さぁ、いざマラケシュの街へ出発したのでした。

が、カメラの調子が悪く・・・
あんまり写真がないの。エヘヘ。

マジョレル庭園や、スーパーマーケットや、スパイス屋さんや、屋台で生オレンジジュース(これは最高に美味しいの!1杯40円ぐらいの贅沢)、スークでのお買い物を楽しんだのでした。

ざくっと書きましたが、本当に色んな人とお喋りしたり景色を楽しんだり、すべての時間が気持ち良いのでした。

その日は、日本人の方が経営しているリヤドへ宿泊でしたので、移動。
こじんまりした、素敵空間のリヤド。
スタッフの方もとても優しく出迎えてくださり、急に日本に帰ってきた気持ちになるぐらい落ち着いた「house 13

さて、4日目は早朝出発でサハラ砂漠へ行くのお話。

画像(220x147)・拡大画像(640x430)

ターバンを巻くレッスン。

画像(220x147)・拡大画像(640x430)

スークにある電話屋さん・・・?

画像(220x147)・拡大画像(640x430)

おじさんが作ったミントティー

画像(220x147)・拡大画像(640x430)

オリーブ専門店。

画像(220x147)・拡大画像(640x430)

アイメークレッスン中。


画像(220x147)・拡大画像(640x430)

贅沢な朝ごはん。

画像(147x220)・拡大画像(430x640)

ミントティーは上から泡立てるように注ぐ。

画像(220x147)・拡大画像(640x430)

モロカンオムレツ。最高美味しい。


2011年11月03日(木)

モロッコ2日目! [モロッコとパリ旅2011年]

画像(450x337)・拡大画像(640x480)

ざくろがいっぱい!

カサブランカへ到着。

もう長時間座りっぱなしで、ヘロヘロ。

空港では、入国審査や両替、荷物の引き取り等、順調に終えて、お迎えをお願いしていたタクシーの運転手さんと合流。

カサブランカは通過で、私達はマラケシュの街へ向かいます。タクシーで約3時間以上。
ちょっとボロボロのベンツで来てくれた運転手さんはとっても優しく、言葉がお互いわからず、本を見ながら英語やアラビアンで意思疎通。

途中、露店があってざくろがわんさか売ってます。
運転手さんが言うには、1キロ400円ぐらいらしい・・・
安い!って興奮してたら、寄り道してご馳走してくれました。
モロッコのざくろは、色が薄くて渋みが少なく、とにかく甘くて美味しかった。
いっぱい食べたよー。

アフリカらしい景色を見ながら、あっと言う間にマラケシュの街へ。
街の印象は初めから変わらず、賑やかで美しい町並みと明るい人々。

その日に宿泊する、リヤドと呼ばれるお宿まで案内してもらった私達ですが、余りの素敵な宿に大興奮。
一瞬にして疲れを吹き飛ばしてしまった!のレベルの高いお宿に恐縮しちゃいます。

昔の貴族の家を、現在はお宿に改装して営業しているのがリヤド。
ブルカを被った女性が、唯一リラックスして過ごせるお家だった為、中庭があり、いろいろな植物が植えられた緑と美しい壁面の彫刻装飾やカラフルなタイルが調和した建物。
モロッコに着たら、リヤドに泊まる事をオススメ!
お宿のスタッフもとても気さくで、お帰りーって迎えてくれます。

すでに到着は夕方だったため、街の散策も程ほどにリヤドで予約した夜ご飯を。
バラやバラの花びらを散らし美しくセッティングされたテーブルでの食事は、贅沢極まりない・・・のですが、長旅の私達。
信じられないけど、居眠りしながら食べると言う、大失態。
この食事の写真の殆どがブレブレで、恥かしすぎて出せません。
ま、こんな事も旅の醍醐味さ!
ってな事で、寝たくないぐらい素敵なお宿で、まさかの大爆睡をしてしまいました。

モロッコは、ネコを大事にするらしく、街中にネコの姿が。
そして、とっても人に慣れてて、すぐに近づいてきます。
この夜、人生初めてネコちゃんと一緒に寝たよー。

画像(220x147)・拡大画像(640x430)

ウェルカムドリンクは、ミントティー。

画像(220x147)・拡大画像(640x430)

こんな素敵なお姫様別途で爆睡・・・

画像(147x220)・拡大画像(430x640)

洗面所もオシャレー。

画像(220x147)・拡大画像(640x430)

廊下や階段までタイルが可愛いの。

画像(220x147)・拡大画像(640x430)

ネコちゃんと初めて一緒に寝ました。


2011年11月02日(水)

モロッコ行ってきましたー!1日目。 [モロッコとパリ旅2011年]

画像(450x302)・拡大画像(640x430)

わーー。

2ヶ月以上もブログ更新を滞らせてしまいました。

その間、とってもとっても楽しいモロッコ旅へ行ってきました。

すでに帰国して1ヶ月近く・・・

何だか、未だモロッコの魅力にメロメロな私です。

さて、そんな楽しい旅についてブログを更新します!


モロッコを少し感じてみてねー。

まずは1日目!
と言っても、モロッコは遠い。
エミレーツ航空で、関空?ドバイ?カサブランカと飛びました。
空の旅だけで、15時間以上はかかります。
この飛行機が辛いのですが、メディキュットを履いてたら、足の浮腫みが殆どなくてビックリしたよ。
長旅には必需品です。

さて、1日目はトランジットでドバイを楽しみましたよ。
って3時間ぐらいだけどね。

金塊が売られてたり、アラブの王様スタイルの服やラクダグッズの数々。
そして、さすがドバイでは高額ショッピングした人の中で抽選で車が当たると言う、私の知らないバブリーな世界を見せてもらいました。

その他にもね、掛け時計がロレックスだったり、お祈り専用のお部屋があったり、トイレの水がお湯でお尻が温かだったり、でも洗面所の蛇口は「自動」って書かれた日本製だったり。
何だか文化の違いや、日本を感じたりと・・・一つ一つ驚いてばっかりの私なのでした。

でも1番興奮したのは、アラビア文字だな。

あっと言う間に時間が過ぎたドバイ空港でした。

画像(220x147)・拡大画像(640x430)

『金』売り場。

画像(220x165)・拡大画像(640x480)

電話には、アラビア文字ももちろん。

画像(220x165)・拡大画像(640x480)

アラブの男前トルソー。

画像(220x165)・拡大画像(640x480)

お祈りのお部屋は、男女も別。


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

2011年11月


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

検索

カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0
powered by a-blog
 

© 2007 カメラのお布団ざくろ