カメラのお布団と座布団 ざくろ

ブログ

2008年07月06日(日)

カメラのお布団への道。?1眼カメラとの出会い? [カメラのお布団]

いつからかは覚えていないけれど、古着や、昔の家具、アンティークの小物入れなんかが好きです。
そんな私をまだ理解出来なかった両親から、電話があったのです。
「使えるか解らないけど、昔使ってたカメラいる?」
それは大掃除をしていて出てきたCanonのカメラでした。

私がまだ小さい頃に父が使っていたそのカメラは、すっかりホコリとカビで、使えるとは思えない状況だったようです。
私は修理のために、アンティークカメラ屋さんへ持っていったのですが、あまりの酷さに唖然としていた店員さんを見て、初めて「本当に駄目なのかも?」と知ったのです。
「もしも、修理が不可能だったとしてもお支払いください!」と言うお約束をさせられながら預けましたが、無事に写真を撮れるカメラが戻ってきました。
いざ、写真を撮ろう!と思った時、つまずいたのはカメラの扱い方だったのです。
そう、フィルムはどうやって入れるの?
いや、ピントはどうやったら合うの?
露出とは・・・
そこから始まった、私の2代目カメラとの写真の日々。
そして遂にカメラのお布団が誕生するのです。
続きは次回!

画像(448x301)

タンポポの影画

2008年07月05日(土)

カメラのお布団への道。?初めてのマイカメラ? [カメラのお布団]

画像(220x145)・拡大画像(448x297)

大学に入ってから、いつの間にかカメラを向けられると、変な顔や動きをして撮られる事が楽しくなり、私もその楽しさをファインダーを通して見てみたくなって・・・ついに初めてのマイカメラを買いました。
それは、今はもうあまり見ることもなくなってきたAPSオートマチックのカメラ。

あの自動でフィルムを巻く音も、カメラをシールだらけにしてベタベタにした感触も、初めての現像でインデックスプリントに感動した事も、私に写真のワクワクをくれたのは初代カメラだったのでした。

しかし5年程使った頃、だんだんとボヤボヤと写り始めたなと感じてすぐに、初代カメラとのお別れが近づきました。それは後に「カメラのお布団」が生まれるカメラとの出会いがあったのです。そう、それは父からの連絡で始まったのです。
続きは次回!


2008年07月03日(木)

「カメラのお布団」への道。?キッカケ? [カメラのお布団]

画像(448x299)

ワッショイ。

写真を好きになるキッカケは、大学で入部したラクロス部の先輩が撮った写真に、変顔が多かったから。

寝転んで撮ったり、走りながら撮ったり、シャッターテンポをずらして半目の人が沢山写ったり・・・
それはそれは、人に見せられる写真ではなかったけど、どの写真も写真の概念を破ってくれました。


そこから始まった「カメラのお布団」へ続く道。
続きは次回!

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

2008年7月


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索

カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0
powered by a-blog
 

© 2007 カメラのお布団ざくろ